マイホームを建てるなら注文住宅の一戸建て~まずは住宅展示場へ~

個性あふれる

価格の面では、圧倒的に建売住宅が有利です

注文住宅と建売住宅は、さまざまな面で非常に対照的であり、それぞれについてメリットとデメリットがあります。ここでは、まず価格面について比較してみることにしましょう。 住宅は個別的なものですから、原則として単純な価格の比較はやりにくいのは事実です。しかし、一般的には、建売住宅のほうが注文住宅よりも安いといわれています。建売業者の場合、分譲現場において建物を複数同時に建築することによって、設計費用や工事費用を安く抑えられますし、部材の一括仕入れを行うなどによってコストダウンを図ることができるのです。いわゆる、スケールメリットを活かすということですね。 この点、注文住宅はどうしても完全オーダーメードになりますから、スケールメリットが発揮できないため、どうしても価格は割高になってしまいます。

自由度なら断然、注文住宅です

次に自由度の面でみていきましょう。 この点では、注文住宅の圧勝ということができます。注文住宅では施主の要望により、基本的にはどのような家でも建てることができます(予算の制約を受けることは当然ですが)。デザインにこだわったり、趣味を反映した家を建てることもできますし、高級感あふれる住宅を建てたりと自由に建築が可能となります。 特に、自分のライフスタイルと住まいを切り離せないという強いこだわりがある人にとっては、注文住宅が自由な設計と仕様にできるということは、非常に魅力的に感じられるのえはないでしょうか。 最近では建売住宅であっても、デザインに凝った家もありますが、本質的な仕様と設備ではどうしても汎用的なものになってしまうのです。したがって、自分好みの家にこだわるのであれば断然、注文住宅を建てるべきということになります。