マイホームを建てるなら注文住宅の一戸建て~まずは住宅展示場へ~

流れ

注文住宅の建築は現場が完成するまでしっかり関わろう

注文住宅を建築する際、多くの人が間取りの設計や設備の決定には非常に多くの事前勉強を行って計画を行います。確かに注文住宅で建築する最大のメリットは自分たちの好みを反映させた住宅が設計できる点にあるから当然ではあります。しかしこれだけ力を入れて設計を行った住宅ですが、こうした建築主の中には工事は建築会社に任せっきりという人も少なくありません。しかしそれはあまりにもったいないことなのです。もちろん安心して工事を任せられる建築会社であるということはとても重要なことです。しかし建築現場を建築主が訪問することで数多くのメリットがあるのです。足を運ぶ時間を確保することは大変ではありますがぜひ建築現場を訪問することをお勧めします。

現場へ足を運ぶメリット

ハウスメーカーなどある程度仕様が決まっている建築会社の場合でも注文住宅の建築ですから過去に全く同じ住宅を建築した経験を持つ職人はいません。そういった意味で規格住宅よりも多くの確認事項があります。もちろん現場を管理する現場監督が建築会社にはいます。この現場監督が職人への指示を出すなど現場を指揮します。 建築主が現場を訪れこうした職人と直接関係を作ることができるのも注文住宅の魅力です。特に大工工事を行う職人は比較的長期間現場で作業を行います。大工職人と関係を作ることでその他の職人とも大工職人を通じて話をしたりアドバイスをもらったりできるのです。 大工職人は過去に数多くの住宅を建築している人がほとんどです。そんな過去の経験が豊富な現場の職人だからこそできるアドバイスもあるのです。更に住宅を建築する職人にとって自分たちが誰のために仕事をするのかという相手が分かることでより丁寧な仕事を心がけるケースも多いのです。 このように現場で職人と関係を作ることで多くのメリットがあるのです。